タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバー S ブログパーツ(シルバー)

電池交換2007年09月17日 22時56分11秒

漸く、カミさんのスクータのバッテリを交換した。

ワタシの師匠の淡路屋サンなどは、田舎の道端でバッテリを拾って交換しているが、そんな僥倖はそうそうあろう筈がナイ(笑)。
以下がその委細。淡路屋サンという人物からして、多分真実でしょう。

************************************************************
すなわちヤオラ上を仰いで天に祈り,次に下を向いて地を見ながらウロウロと近所を徘徊致しますと……すると必ず天神地祇の恩寵はあるもので,ほら見よ諸君,路傍に GTX7L-BS が落ちておる.これぞ貧乏神の思し召し.容量も6.0Ah で誂えたようにピッタリですので,早速拾って帰り充電して取換えましたシメシメ.
************************************************************

世間一般にはまァナイ事です。>上記

よって、近所のホームセンタの特売を狙って買ってきた。
通常売価の20%OFFで7千円チョット也。(5L-BS)

ヤフオクで狙えばもう少し安くはなりそうだが、送料とか古バッテリの処分を考慮すると近所で済ませるのがラクであるし、国産で7Kくらいなら費用的にもまあよいかと考えた次第で。

ま、特売と云っても今回は古河製、国産だぜぇ!と思いつつ、パッケージをヨクヨク見たならば・・・なんと"MADE IN THAILAND”とある。

『コレは泰国製品ぢゃないか!』なんか一杯喰わされたカンジ。

でも、川崎のD-TRACKERは5年くらい前からタイ生産であるし、スバル・トラビック(初代オペル・ザフィーラOEMですな)はGMタイ工場で作られていたということでタイの生産工場のレベルはソレほど低くない処もあることは先刻承知しているので、さして動揺せずに済んだのは救いであった。

それにしても中国製でなくて良かった。
というのも、仕事上でイタイ目に遭わされたことがありまして・・・
嫌忌はともかく、中国のモノやヒトには極力関わりたくないのでアリマス。
↑ソレって充分キライと云ってる様なモノだが・・・(爆笑)

#勿論、何事にも例外というモノはある訳ですが>フォローになっとらんが。

交換後は勿論セル一発始動。アタリマエと云われればソレまでですが。

この三連休は、ホームセンタでバッテリを買い、アストロで工具を買い、電器屋でプリンタを買い、と少々散財気味であった。
もっとも、全部底値の特売なのでお買い得感は高く、ワタシ本人は納得しているのだが財布の方はそうではナイらしい・・・

寂しいモノである。(苦笑)

だから王子の母ちゃん、プリンタだけでイイから援助ヨロシクなのだ。
3割でヨイぞ。>きっとムリだな。(爆)

コメント

_ 「い」 ― 2008年03月15日 02時28分37秒

> そんな僥倖はそうそうあろう筈がナイ

いや,その気になればいくらでも(笑)
例えばホームセンタの裏手である.ここは得てして不心得者がバッテリを捨てて行く場所の定番でして,贅沢を言わねば必ずやバッテリの2つや3つは転がっておるものであります.

但しそういうのは,捨てるには捨てるなりの理由があってのことで,大概はちょっとだけ起電力が弱いのが常.よって,ディサルフェータなどを持っておって蘇生出来るとか,或いはキック専用のスポーツ原付に使う.などの用途でないと向きませぬ.

すなわちフールプルーフなイマドキのスクータには使えぬわけで,まぁ普段ラクしてる分だけトラブったらカネが掛かるのは仕方ないことですな.

_ 帽子王子の父ちゃん ― 2008年03月16日 01時02分26秒

お師匠サマ

>ホームセンタの裏手~

コレ、世間一般は道端とは云わないような・・・(笑)

しかしマァ、イマドキの連中に創意工夫がナイとか、科学のココロがナイと云うのは納得出来るというモノでゴザイマス。

>普段ラクしてる分だけ~

クルマもバイクも白物(家電)化が叫ばれて久しい気がイタシマスが、イマドキの奴等は乗ったら乗りっ放し、パーツはポン付け、メンテはシねぇと来たモノで・・・
もちろん、何処の世界にも例外というモノはありまして、ディープにハマっている若い衆もいないワケではゴザイマセンが。(ワタシの知り合いにもオリマス)

実は、ワタシ名義のスクータ(音叉印)のバッテリが死んだまま(キャパシタ状態)なので、今度ホムセンの裏もアたってみましょう。(爆)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nao8388.asablo.jp/blog/2007/09/17/1804005/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ l'agenda - 2007年12月30日 17時04分32秒

話は前回に続き,バッテリと灯火類交換の顛末を一席. さてバッテリが終わってしまった以上,対処は交換しか無いのですが,我が懐中は1年前から上向き材料に乏しく,またもやバッテリ代5K 円の持ち合わせがありませぬ.そこで「い」はどうするかと云えば,斯くなる上は神頼..